写真

October 13, 2009

PV(プロモーションビデオ)製作

自身のプロモーション用にPVを制作した。
半日で作ったので細部には色々問題が残ったが修正せずにyoutubeにアップ。
まずは第一弾結婚式編。結婚式の撮影は実績も多く得意分野である。
美しい花嫁はたくさん撮ったが、やはり勝手に映像を公開するのはまずいので
仕事撮影の写真は顔を出していない。
最後に姪の式の映像を入れたが結局これも無許可での掲載。
最後の写真は私の一族であり、小学生時代の翔太も写っている。
私初のHDビデオであるが出来はいかがか。
第2、第3弾も計画中。撮影依頼がたくさん来ますように。
しかし、会社員をやりながらの撮影ですので早めにお問い合わせをくださいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

September 13, 2009

Planar T* 50mm f1.4

Planar3l 標題のレンズを買ってしまった。
以前よりCONTAX用MFレンズは繰り返し購入していた。描写にシビレはするものの結果的に売却していた。
なぜ気に入っているのに売ってしまいかというと、やはり仕事には使えないというのと、写真はレンズの描写より大事なことがあるはずだということで、描写に頼るべきではないと考えていたフシがある。
カメラはEOSデジタルに集約しており、常用レンズはEFズーム(Lレンズ)のみとなっている。仕事で使うには非常にアンバイが良いためだ。
しかしながらCONTAXレンズをEOSに装着するマウントアダプターは所持し続けていた。
テッサー45mmというパンケーキレンズを昨年購入したまに使っていたのだが、先日、町田のある店で標題のレンズが破格の値段で売られており、思わず買ってしまった。
なぜかこのレンズは今まで使ったことがなかった。
今日は天気が良かったので5Dに付けて近所に出かけた。空がきれいだったので55mm径のC,P,Lフィルターとラバーフードをガラクタ箱から探し出し装着。
まず家の中で猫を撮り、20分程度近所を歩いた。何を撮っても楽しい。
猫の写真は解放であるが、他の写真はある程度絞ってある。
解放の滲みもきれい。ボケもきれいだ。
外で撮った写真もまことに美しい。EFレンズの作り出す絵を見慣れた目には本当に新鮮だ。
掲載した写真はRAWで撮影し、DPPで現像。フォトショップでリサイズしたのみ。
猫以外はトリミングもしていない。
ちょっとまたはまってしまいそうだ。

200909131

200909132

200909133

200909134

200909135

09-10-1画像追加 上記の画像のみではすごさが伝わりきれないため切り取った原寸画像を追加します。

1s

2s

3s

4s

5s

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

May 27, 2009

Nikon F Photomic T

近所のカメラ屋さんを巡回。何か安いものなないかと物色。
安いNikonFフォトミックを発見。35mmレンズ付き。以前は大量にNikonを所有していたが撮影はモッパラEOSデジタルになってしまい趣味的コレクションはすべて売却してしまっている。
深夜番組でよく見かける町田忍氏(諸々の研究家さん)が携えているNikonFがかっこよく、道楽目的で一台欲しかった。
発見したFはいやに安い。だがきれい。見せてもらうとミラーにクラックがある。飛散するようなことはなさそうだがかなり気になる。しかしファインダー像は問題ない。なんと露出計も作動する。レンズもきれい。内部もきれい。道楽のカメラを買っている状況ではないのだが買って後悔したらネットオークションで売れば良いという口実を探し出して思い切って購入。
近いうちにオークションに出品するかもしれないのでいくらで購入したかはヒ・ミ・ツ。
シャッター速度を変えながらシャッターを切ってみる。なかなか正常そう。なんと実際に撮ってみる気になりフィルムを買ってしまった。35mmのフィルムを買ったのは何年振りだろう。5、6年は買っていないと思う。
このようなカメラを買って愛でるようなヂヂイになってしまったか・・・。
NikonFが発売されたのは1959年。私の生まれた年だ。 Photomic Tというのはその数年後だと思われるから40数年経過したカメラとボディである。完全な状態とは言えないがよくここまでコンデションを保ったものだ。私は社会人になった30年ほど前に中古屋でNikonFを見かけ「古ー。」と思ったものだがこの年で買いたくなるなどとは思いもしなかった。
いじっていて解らないことが出てきた。ファインダーにあるASA(今でいうISO)を設定するのに合わせる指標がない。よく見るとダイヤルの周囲にf値と思われる数値が刻印してある。なんとPhotomic Tは解放f値をここで設定しなければならないのだ。ASA数値にf値を合わせる必要ががあるようだ。
旧Nikonの特徴であるガチャガチャ(レンズをセット後絞りを最小から最大に往復させる。)がまだないころのボディだった。以前所有していたのはPhotomic FTNだったようでレンズの絞りを5.6に合わせてから装着し、絞りをガチャガチャするのだ。これはそれ以前のシロモノ。さすがの私もその辺の事情までは解らなかった。Nikonは深い。えらそうなことを書いているが実はFで実際に撮影したことは一度もない。(F2-F5はかなり使いました。)
写真のように裏蓋は着脱式。フィルム交換時に絶対落とす。
今のところ、何本か撮影してみるつもり。しかしながらNikonの描写というものには全く関心がない私。ただのオブジェを所有することになる可能性が大きい。今後価値が出てくるものとも考えにくいので早々に手放す可能性も大きい。
気が変って手放すことになるのであれが下記のオークションに出品します。現在も色々出品中です。たまにのぞいてやってください。

http://www.bidders.co.jp/dap/sv/list4?closed=X&sort=end&st=2&user=13832168&srm=Y

F01

F02

F03

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

May 24, 2009

EOS 40D購入

一応仕事で撮影をすることのある私ですがメインカメラはEOS5D。サブはキスデジというなかなか厳しい装備だった。
三年前までは写真家専業ということで仕事をしていたのであるがあまりの収入の少なさに耐えきれず現在は務め仕事の傍ら依頼があれば撮影もするという形になった。
務め仕事を始める際に1D系は売却した。その時点で5Dのみが機材となった。
1DsMk2は50万ほどで売却できて生活費のつなぎに充てることが出来た。5Dのみ残したのは安いのに充分な性能を持っていたという理由。ということは非常にコストパフォーマンスが高いということになる。
現在にいたってもメイン機として使っており非常に優秀と言える。トラブルもミラーがモゲルという些細な(?)ことのみであった。
通常の撮影では全く不便を感じていなかったが、翔太(息子)のソフトテニスを撮る場合、動力性能的に力不足。5コマ/secは欲しい。
中古で高機動機を一台買おうということになった。3月に数件の仕事撮影があり、その収入で買うことに決定。
30Dあたりで良いかと思い捜したら40Dを見つけた。5万ちょっとで買える。結局52,800円で購入した。
非常にアンバイがよく、5Dとペアで使用中。今まで5Dに70-200mmを付けるときはX1.4のエクステンダーを装着することも多かったが40Dを使う時はエクステンダーいらずである。
5Dに24-105mmを装着、40Dに70-200mmを装着すれば2台で何でも撮れるという感じ。画素数的にもほぼ同じなのでどちらがメインということもなく良いバランスの装備となった。
40D購入時は素子の面積の少なさからくるノイズが多少気になった。40Dの素子面積で1000万画素超というのはやはりフルサイズの5Dに比べると相当不利のはず。画像が荒れるのもヤムオエマイ。
Canonも気になったのだろう、カスタムファンクションで高感度時のノイズ低減モードが選択できる。これはいい。と思い使おうとしたら連続撮影可能枚数が極端に減る。OFFだと74枚程連射可能なのだが、ONにすると6枚だ。その効果について真剣に実験することもなく通常撮影時はノイズ低減をON。スポーツ撮影時はOFFという風に使いわけをしていた。
ここにきてノイズ低減の効果をテストしてみたところ低感度では殆ど差は見られない。ISO1600とかになるとそれなりに効果は認められた。f2,8のレンズを常用しておりISも付いているのでISO200以上にセットすことのない私としてはノイズ低減は常用する必要はなさそうだ。
当初はシャドーが滑らかでないと感じたがPCモニターで等倍(100%)では気にならず、200%以上にすればちょっと気になる程度。それも5Dのデータと比較しての話だ。40Dのデータをそれだけで評価すれば全く問題がないレベルだ。それより問題は動体追尾時のピントの合わなさか。?翔太のテニスの撮影は最初ピンボケの山を作った。抜けたり、手前のネットにピント行ったりだ。久々に6コマ/secという高機動のカメラを使ったのでピントもそれなりに高機動仕様になっていると思い込んでいたのだがそこまでではないらしい。さすがにこの値段で1Dmk3並みの性能はないようだ。少しづつコツをつかんでピントの歩留まりは向上しつつある状態。それさえクリアすればこのような高性能機を5万ちょっとで使えるのだから文句はあるまいというところか。

下の写真は1枚目が5D EF70-200mmF2.8L IS.。2枚目が40D EF135mmf2L.。どちらも非常に良い感じ。

025d70200f28_3

0140d135mmf2_2 

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

January 17, 2009

よさこい写真集

以前製作した写真集がある。プロモーション用に作ったものでクライアントとの打ち合わせなどに持っていくためなどに作った。
よさこいの写真集が2種。人の顔が写りまくっているので商用として出版するわけにもいかず、数部作成したのみ。興味のある方に販売しようかと家の中を捜したら2005SUPER YOSAKOIのものが2冊出てきた。
残念ながら保管状態がよろしくなく、外装に少し「折れ」があり、新品状態ではなかった。
3冊作ったのだが1冊は貸出先から返却されていないようだ。中身は全く大丈夫なのでもしご希望の方がいらしたら8,000円程いただければお譲りしてもよろしいかと思っています。
高いと思われるでしょうが、一冊一万円以上かけて制作し、世界に3部しかないという代物です。あまりお安くお譲りする気はありません。
もし新たに印刷したものをご希望でしたら15,000円/冊で製作させていただいても構いませんが肖像権の関係で出版という形はとれないので、私のプライベート写真集をご希望の方に実費程度でお分けするという形をとらせていただきます。おひとり様1部限りの限定とさせてください。
下記2002と2005の2種が製作可能です。

Yosakoi2002

Yosakoi2005_3

2002 SUPER YOSAKOI                   2005 SUPER YOSAKOI

写真下のリンクを開くと上記写真集の全写真の縮小版がスライドショーでご覧いただけます。ご自身やお知り合いの方が写って居られればよい記念になるかと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 16, 2008

EOS 5D復活

先日ミラーが脱落したEOS5Dが修理から戻ってきた。
明細には「特別無償」とあり、部品を交換したらしいが何を交換したか明記していなかったように思う。
思うというのは、カメラ屋の店頭で開梱し、レンズを付けて試写をして、さらに売り物の中古レンズの試写までして帰ってきたら修理明細を店に置き忘れてきたためだ。
先週の土曜日に店に持ち込み、店からの発送が週明けだったとして、その週の土曜日には返却されたので異様に早い対応。
他の人のブログに本件に関してCanonの対応が素晴らしく、感動した様な記事があったが決してそういう次元の話ではないはずだ。
本不具合についてCanon側からは何もアナウンスされていないようだ。「壊れたら迅速に無償で修理をする。」というのが素晴らしい対応であろうか?
前の記事にも書いたが絶対に壊れないカメラなどというのは存在しないので使用者側も大事な撮影時にはサブ機(できればキスデジより良いカメラを・・。)を持って故障に備えたい。
しかし一般の人や業務で写真を撮るすべての人がサブ機を持って撮影に臨むか?結婚式のスナップ撮影だとしよう。24-105mm。8GBのCF。積層電源のストロボを付けたら、これ一台で済ませようと思うだろう。
そこでミラーがモゲタらどうします?クライアントは怒るでしょうねぇ。相手の人柄にもよりますが私なら失踪しかねません。
その状態でメーカーがこの不具合を知っていてなにも公表せず、壊れたものだけ無償で直していると解ったらクライアントのところへミタライサンから詫びを入れてもらわなければ気が済まないかもしれない。

それではCanonが採るべき最良の方法とは?
まず市場でミラーがもげる不具合が頻発していることを公表する。
モゲタら無償で修理します。と宣言をする。
まだモゲテいなくても不安のある人は有償(5,000円くらい?)で修理します。
と宣言する。
こうするとモゲテいない皆さんもムリヤリ、ミラーを剝して送りつけるでしょうね。
これを恐れてはいけません。今現在でも心ある人はミラーを剝して送り付け始めているはずですから・・・。

えっ。私ですか?ちゃんと撮影中に突然脱落しましたよ。でもその前にこの不具合が頻発していて無償で修理してくれることを知っていたらどうでしょう。撮影の予定のない時期を選んでミラーを剝していた可能性はありますなぁ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 13, 2008

壊れたカメラの話

さっきブログを更新した後に、アクセス解析を見ていたら「5d ミラー 外れ」という検索ワードが目に入った。
先日壊れた私のカメラはEOS5D、ミラーが外れたのである。早速その検索ワードや類似のワードで検索すると出るわ、デルワ。5Dのミラー脱落は頻発しているらしい。
ほとんどの場合、無償で修理されているというので一安心。やはりミラーが外れるというのはリコールものだろう。金を取るといわれればゴネルつもりではいたがおそらく無償で直る。よかったというのは変であるが、とりあえず良かった。
5Dというのはプロ用の1D系より1ランク下がるボディなのでそれほど厳格な評価試験はしていないだろうし、コストを下げるためにある程度の冒険はしているのだろう。たぶんCanonが思っているより良いカメラなのでプロの愛用者も多く、想定されているよりは酷使されていることも考えられる。
1D系に同様の不具合が見つけられれば無償修理の案内がされるところだろう。現在のところは不具合が起こった個体だけ修理しようとしているようだ。それほど高価な機種でないため全数回収修理というのは選択されなかったか?故障しないまま生涯を終える個体の方が多いのだろうし・・・。
今回のような基本的な構造の不具合は論外だが、仕事に使うカメラというのは予備のボディを持っていくとか何らかのバックアップは講じるべきであろう。現場ではカメラを落として壊すことはあり得るので2台体制で撮影することは必要なことだ。翔太の体育祭の時もKissNを持っていたので何とか撮影を続行することはできた。おかげでKissNの能力を知ることが出来もした。しかし十分な性能とはいえ、5Dがメインであるというのは少しさびしい。1D系をメインとし、5Dはサブで使いたいものだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

June 07, 2008

5D 壊れる。

ショータの体育祭。いつものようにビデオとスチールを撮影中、「カキィン」という音とともにメイン機、EOS5Dがエラーとなり、撮影不能に。5Dの作動は安定しており、以前のD30のようなことはなかったのだが。電源を切り、レンズを外して目を疑った。ミラーが土台から外れて遊んでいる。ヒエーッ。飯粒で貼り付けようとも考えたが差し控えた。以降はサブのキスデジNでの撮影となった。5Dの撮影枚数が寿命に来たのか?一般のユーザーよりはたくさん撮っているだろうがまだ10万ショットは行っていないと思う。とりあえず修理に出したが、メーカーは修理に金を取るだろうか?保証期間は過ぎているがこの事態は1年間過ぎたら補償はしないというトラブルだろうか?写真は絶命した瞬間に撮影された画像である。

200806071

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

September 30, 2007

マイクロドライブ逝く

先日撮影中に4GBのマイクロドライブを突っ込んだら認識しない。1DMk2を購入した頃に買ったと記憶しているので3年ほどの使用だったか。小口の撮影ではなるべく使わないようにしていたが楽なので大量に撮影するときは頼っていた。最近はCFが安くなっていることは解っていた。どんどん安くなるので必要になるまで買わないということで先延ばしにしていた。ご存知のの通り、マイクロドライブはHDであり、機械モノ。それほどの寿命は期待するべきものではない。どこかでCFにしなければとは思っていた。撮影前に壊れてくれたのは幸いだった。撮影後に読み込めないと言う事態となるとどうしようもない。カメラバッグには非常用に128MB以上の手持ちCFは常に入れているのでそれらを総動員して撮影は200709301 無事に終了したが、かなり冷や汗モノであった。

もうマイクロドライブは使わないと心に決め、早速分解。ラベルを剥がしてビスを外そうとしたがあまりに細いビスで合うドライバーがない。マイナスドライバーをパネルの隙間に差込みこじったら細いねじは簡単に破断してはじけとんだ。内部は驚くほど簡素。写真で解ると思うがカバーのステンレス板も非常に薄い。強く握れば簡単に壊れそうな構造に少々唖然。

さてCFを購入しなければならない。カメラ屋さんにTELすると4GBで12,000円ほどだと言う。思ったほど安くない。早速ヤフオクを検索したところ4GBは5,000円あれば買える。調べてみると8GB、16GBもある。かなり迷った。8GBは4GBの倍はしない。以前は容量が倍になれば値段は4倍していた。(かなり前の状況)8GBは8,000円あればいけそう。8GBに狙いを定め入札。7,750円で落札できた。その後落札状況を眺めていたら6,000円台で落札された物もある。数日後に品物が届いたが送料やら消費税、代引き手数料などを含めると9,397円なり。それでも相場よりは安く入手できたのではないだろうか。200709302

まだ本格的にテストはしていないが8GB撮れるとなると撮り方が変わってきそう。小口の撮影ならRAWを多用しそうである。

ところで以前使っていた恵安のストレージが動かなくなっている。それより前に使っていた物は電源が不安定。最近ストレージを要するような撮影がなかったので特に不都合はなかったのだが何か良い物はないかと考え始めた。結局手持ちのVAIO U3のHDDを増強してストレージとして使うかという事になりそう。ノーマルでは20GBのHDDしか積んでいないのでOSアプリを入れてあるととてもストレージにはならない。1.8インチHDDなので搭載できるドライブは限られるが、80GBまで積めるものがありそうだ。PCとしては非力なのだがXPが動くので画像を取り込み、フォトショップで加工し、出先でブログを更新することも出来る。実際去年のソフトテニス全国大会の記事は千葉から更新している。

とりあえず急いでストレージがが必要な状況ではないので安いHDDを見つけたら実行する予定。実行したらまた報告します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

September 16, 2007

DVDパッケージ

200709161 先日、ショータが膝に乗ってきた時に製作していたものです。ショータはこの夏のソフトテニス全国大会に出場したことはすでに書きましたが、東京代表チームの解散会をやると言うので慌ててDVDを製作した。時間がないのにメンバー全員に本人の写真入のラベルとパッケージをデザインするという馬鹿なことを思いつき、実行してしまったのだ。今回はムービー主体で撮ったので、スチールは素材が少なく、写真のチョイスはかなり苦労したが全員分のデザインを無理やりやった。こんなことをやって思うのは私って何者?という素朴な疑問。ビデオを撮って、写真を撮って、ビデオを編集をし、DVDを作り、パッケージをデザインして、制作までしてしまう。自分で言うのもなんだがすべてかなり高いレベルでだ。まるでプロのようだ。(スミマセン。一応仕事でやってます。)

写真は同じ市内のK君用に制作した物。闘志あふれる良い選手。ショータペアとは因縁があり、4年生の頃から勝ったり負けたりのライバル関係。個人の力としてはK君の方がかなり上だ。

いつも思うことだが、仕事でないものになぜか労力をつぎ込んでしまう。仕事の場合、頂くお金を考えてそれに見合った仕事で終わらせるのだが、このような個人的な作業はお金を頂かないので、いくらでも時間をかけてしまうらしい。うーむ、貧乏なのだからお金になることに労力をかけないとと、反省している私でした。

後日談としてDVDをもらった少年(写真とは別の選手)は市販品だと信じて、どこで買ったのかと当日持っていったかーちゃんに聞いたらしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|